ウラオモテのない男性を狙え!

女性にと手の都合のよい男性をみつける方法はいくつかあります。その中でもとっておきの見分け方を紹介したいと思います。それは誰にでもできることで十中八九適合しているといってもいい方法です。

良い出会いを見つけることができればもちろん、相手からデートなどお食事に誘われることがあるでしょう。そういったお誘いがなければよい出会いとは言えませんよね。では食事に行ったときに男性の何を見てこの人は恋愛対象なのか、そしてどういったところに魅力を感じることができるのか・・・それは確実に“食べ方”で判断されるでしょう。お話をしている時の区長とか、視線やしぐさなどで判断することもあると思いますが、もっとも効果的に、そして適格に見抜くことができるのは食べ方だということをここで断言しておきます。

ウソをつかないオトコはいるのか・・・

『食べっぷりのいいオトコはウラオモテがない』と言われています。

もう一つは科学的な根拠から述べるのなら、少しでも出会いを意識して恋愛対象として見ている女性の目の前にいると少なからず緊張しているといえます。そしてその緊張している状況は男性にとっては発情している時と同じで満腹中枢までも刺激されるので食欲がなくなるといいます。よって、女性の前で食が細い男性というのは、その女性に対してドキドキしているということになります。女性から見るとこれはあからさまに、魅力を感じないのです。男性はガツガツ食べるくらいの勢いがあるほうが女性から人気です。自分よりも食べない男性を好きになる女性は少ないでしょう。異端的な考えは少し置いておき、まずはごく一般的で妥当な意見から言っておきましょう。

これまでに述べてきたことは「女性の前ではバクバク食べる姿を見せて元気な男性をおもわせる」男性にこそ、女性は自然と魅力を感じるということです。しかしこれは男性に限ることではないようです。女性って、どちらかといえば男性の前では大口を開けて食べるのは恥ずかしいと思っているようですが、一緒にご飯を食べに行ったのに小食でいかにも食べるのがスゴク好きだけど我慢しています・・・というシーンにありついた男性は、食事に誘わないほうがよかったのかな・・・と思うようになります。それではせっかく食事に誘われてもしかしたら恋愛がうまくいくかもしれなかったのに、それで台無しになるケースもあります。たとえば御馳走する側にとっても、残されるよりも「おいしい」と言いながら食べている姿を見たほうがおごりがいがあるものです。恋愛と食は大きなつながりを持っているのです。